2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11
新着記事ヘッドライン

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生涯童貞をつらぬいた世界の偉人たち 

1 嫌煙派(埼玉県) 投稿日:2008/10/04(土) 13:04:57.20 BE:?-PLT(19232) ポイント特典0

1【詩物語】賢治編(14)一歩

 世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない
 売れ行きこそ芳しくなかったが、待望の初詩集『春と修羅』と初童話集『注文の
多い料理店』を出版した。花巻農学校教師としての名望も高い。そんなとき、29歳
の宮澤賢治は、生涯を左右する決断をする。

 この四ヶ年が
      わたくしにどんなに楽しかったか
 わたくしは毎日を
      鳥のやうに教室でうたってくらした

 後年、そう振り返った教職を捨て、賢治は農業指導者として野に生きる道を選ぶ。
 冒頭のことばは、大正15(1926)年3月末の退職の前後に記されたとみ
られる評論『農民芸術概論綱要』のなかにある。賢治は、彼の一生を貫くこの理
想を農業生活のなかで実現しようとしたのだろう。もちろん、いばらの道である
ことはわかっている。だから賢治はつづる。

 陽が照って鳥が啼(な)き
 あちこちの楢(なら)の林も、
 けむるとき
 ぎちぎちと鳴る 汚い掌を、
 おれはこれからもつことになる(文・関厚夫)


http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081004/acd0810040823004-n1.htm



13 経団連(福岡県) 投稿日:2008/10/04(土) 13:08:27.42 0
そして、オレも偉人の仲間入り


スポンサーサイト
ぬこ速
主にニュー速とVIPのスレ紹介です

リンクフリーです


相互リンク等いつでもどうぞ


TOP絵募集中です


書いてもいいよって心優しい人はメールフォームから連絡くだしあ><


IEとSleipnirだと左のカラムと真ん中のカラムの間に変な隙間ができます(;^ω^)
Firefox、Opera等のブラウザ推奨です

メール対応遅くなりすいません メールが来ていた所は全て相互リンク致しました


7月になったら本気出す\(^o^)/

このブログについて

検索フォーム
月間人気記事
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。